なぜか飲食業に多いブラック企業 ブラック企業大賞に「大庄」ノミネート (1/2ページ)

2014.07.31


セクハラやじ問題で、都議会が「ブラック企業」候補になった【拡大】

 社員の過労自殺や理不尽な退職勧奨など、労働環境の劣悪な会社(ブラック企業)の頂点を決め、話題を集めている「ブラック企業大賞」。昨年大賞を“受賞”した「ワタミフードサービス」(東京)など毎年飲食業界からのノミネートが目立つが、今年も、大手居酒屋チェーン「大庄」(同)が候補に選ばれた。飲食業界としては、不名誉な結果になっている。

 首都圏の若者を中心とする労働組合「首都圏青年ユニオン」や労働問題を専門とする弁護士、ジャーナリストらで構成する「ブラック企業大賞実行委員会」が主催し、今年で3回目となる「ブラック企業大賞」。

 実行委員会では、(1)労働法違反による行政処分が出ている(2)劣悪な労働環境による犠牲者が出て、労災認定されている(3)労働環境などをめぐって裁判になり、企業側が負けている−の3点などを基準に、大賞のノミネート企業を選定。毎年、飲食業界が目立ち、昨年、一昨年と2年連続のワタミを筆頭に「ゼンショー」(すき家)、「すかいらーく」、「サン・チャレンジ」(ステーキのくいしんぼ)、「王将フードサービス」がこれまで候補に選ばれてきた。5社のうち、4社が長時間労働による過労死や鬱病だった。

 今年のノミネート企業は30日に発表され、大手居酒屋チェーンで候補に選ばれてしまった「大庄」は「庄や」、「やるき茶屋」「日本海庄や」を経営する東証1部上場企業だ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。