オバマ政権、戦略なきイラク空爆 懸念される報復テロの惨劇 (1/2ページ)

2014.08.13

 オバマ大統領がイラク北部への空爆を開始した8日、ハドソン研究所の首脳が私にこう言った。

 「今度の爆撃は、軍事的な計算に基づいたものではない。過激派組織ISIS(イスラム国)のあまりに素早い行動に驚いて、やみくもに始めただけだ。オバマ氏には、基本的な戦略がまったくない。このままいけば、イラク情勢は悪化を続け、米国にとって危険な状況になるに違いない」

 オバマ氏の命令を受け、米海軍は空母「ジョージ・ブッシュ」からEF18Eを飛ばし、イラク全土で戦闘を展開しているISISの基地や輸送部隊に対して500ポンドのレーザー誘導型精密爆弾を投下している。だが、ベトナム戦争で証明されたように空からの爆撃は効果が限定されている。

 空爆はとりあえず猛烈な勢いでクルドの中心都市アルビルやイラクの首都バグダッドを占領しようとしているISISの進撃速度を落とさせ、時間稼ぎには成功している。だが、オバマ氏には、この後、どのように戦いを続けてイラク全土の安定を図るのかといった戦略がまったくない。

 友人の軍事専門家もこう言っている。

 「オバマ氏とその周辺、特にライス安全保障担当補佐官とCIAのブレナン長官は、ISISの動きをまったく察知できていなかった。いまでもISISがどのような組織なのか、把握していない」

 ISISは、その作戦や戦いぶりから見るかぎり、アルカイダよりはるかに過激であるだけでなく、規律のとれた軍隊のような行動をとっている。オバマ氏が対策をとれないまま事態が推移すれば、アルビルやバグダッドがISISに攻撃され、10万人以上いるという米国人に大きな被害が出る危険がある。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。