スペインで実例、地下水が誘発する地震 東京で近年水位上昇 (1/2ページ)

2014.08.22


地下水が湧き出る明治神宮内の「清正井」。地下水位と地震との関連が注目されている【拡大】

 上野駅の新幹線地下ホームには床に3万3000トンもの鉄板を敷き詰めてある。地下水によって上野駅が浮き上がってしまわないための重しを後から追加したものだ。

 東京駅も同じだ。ここでは総武線ホームが地下5階なのに地下水位は地下3階付近まで上がってきている。こちらは鉄製おもりを置いただけでは足りなくて1999年には130本もの「グラウンドアンカー」というものを地中に打ち込んで浮上を止める工事が行われた。

 それだけではない。千代田区にある東京駅から品川区の立会川まで地下に導水管が敷設されて、地下水を放流している。立会川は典型的な都市型中小河川なのでふだんは水量が少なく、そのため悪臭を発生するのが問題だったから助かったことになる。

 しかしJRはもっと「助かった」。もし東京駅近辺で下水に放流したら多額の下水道料金を払い続けなければならなかったからである。上野駅でも湧出地下水を近くの不忍池(しのばずのいけ)へ導水管を使って放流している。

 もともと東京は江戸時代以前から地下水が豊富だった。それゆえ都市が発達できたのだ。

 しかし工業用地下水など大量にくみ上げが続いて「ゼロメートル地帯」が増えるなど地盤沈下の問題が深刻になった。

 このため61年以降、地下水揚水規制や水溶性天然ガス採取が厳しく規制されるようになった。

 その結果、問題だった地盤沈下は止まった。だがそれとともに、いままで下がり続けていた地下水位が近年、各地で上がってきているのだ。

 上野駅や東京駅近辺だけではない。墨田区で45メートル、新宿区で39メートル、板橋区で60メートルなど、軒並み数十メートルも地下水位が上がってきている。

 このため地下建造物、つまりトンネルやビルの地下構造部に流れ込む湧水も増えている。ほとんどのところではくみ上げて下水に流すしかない。これら湧水は東京ドーム約900杯分。東京都が2012年度に徴収した下水道料金の総額は約1700億円にものぼった。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。