橋本聖子氏“キス写真”流出の舞台裏 JOC問題山積「出るべくして出た」 (1/2ページ)

2014.08.23


竹田恒和JOC会長は橋本聖子議員(写真)と高橋大輔選手のキスに強要はなかったと結論づけたが…【拡大】

 日本オリンピック委員会(JOC)の選手強化本部長を務める橋本聖子参院議員(49)が、ソチ冬季五輪の打ち上げパーティーでフィギュアスケート男子の高橋大輔選手(28)=関大大学院=にキスを強要したとされる問題が明らかになったが、関係者からは「出るべくして出たスキャンダル」と厳しい批判の声もある。問題山積のJOCに2020年東京五輪を任せて大丈夫か。

 20日発売の週刊文春に報じられたキス写真にはソチ五輪の選手団長を務めた橋本議員が、執拗に高橋の首もとに唇を這わせる姿があり、その背後に関係者数人の姿が映し出されている。顔は隠されているが、参加したのはJOC、日本スケート連盟の限られた関係者で、中にはスピードスケートの五輪メダリストの姿もある。内部から写真が週刊誌に渡ったとみられる。

 「全員、お互いの顔がわかるような出席者しかいないのに、こういう写真が流出するというのは、JOC内部の現状を如実に表しているといえる。メンバーはそれぞれ自己の利益ばかりを考えて、全く統一性がない。橋本議員に対する不満も大きいということでしょう」(JOC関係者)

 今月7日に都内で行われたJOCの独立25周年の集いに出席した初代専務理事の岡野俊一郎氏は、壇上で「各競技団体、JOCは後ろ指を指されないようにガバナンスをしっかりしてほしい」とあいさつするなど危機感を募らせていた。

 政府はスポーツ行政を担う『スポーツ庁』の準備を進め、来春にも創設する。これに対しJOCは、庁創設を容認するものの、これまで担ってきた強化費の分配権限を独立行政法人に奪われることに猛反発している。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。