大衆酒場かぶら屋池袋2号店東京・池袋 「串焼き」1本80円は庶民の味方!!

2014.08.28

連載:グルメ


「串焼き」(左)、「黒おでん」(中央)、「肉豆腐」(右奥)【拡大】

 会社帰りにふらりと立ち寄り、やきとんやおでんをつまみに軽く一杯。日常のささやかな幸せを噛みしめる大切な時間である。そんな“日常使い”にふさわしいのはどんな店か? ほぼ理想に近いと思える店を池袋で発見! それがこの店だ。

 首都圏を中心に全36店舗、池袋だけでも数店ある中で、今回は1番大きいという2号店を訪問。池袋駅東口から徒歩5分の立地ながら、店内はいかにも大衆酒場の雰囲気、さらに“CP(コストパフォーマンス)の良さ”が同店の最大のウリといえる。

 店内で1本1本串刺しする串焼きは、このクオリティーを1本80円で出せることに驚く。名物「モツ煮」は280円。もう一つの名物「黒おでん」は、ダシを継ぎ足すうちに黒くなっただけで、静岡風というわけではないそうだ。「チキン南蛮串」(200円)や「肉豆腐」(380円)など、2号店しかないメニューも人気。テーブルに置かれているかぶら屋オリジナルの「黒ゴマ七味」をさっと振り掛けて食べれば、なお一層味が引き立つ。

 もちろん飲み物も安い。生ビール380円、オリジナルの「抹茶ハイ」280円。客単価は1800円ほどという、庶民の味方である。毎日通いたくなる…というお手本のようなお店である。

 ■東京都豊島区南池袋2の26の2 2F (電)03・3981・8487。営業16〜23。無休。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。