「吉田証言」を広めた朝日の罪は重い 麗澤大学教授・八木秀次氏 (1/2ページ)

2014.09.04

 慰安婦の「強制連行」話を捏造した吉田清治氏は、最初は“徴用工狩り”を自ら行ったとする証言者だった。日本統治時代に、朝鮮総督府の役人や警官が朝鮮人を強制連行し、内地に送り込んだというものだ。このように、「慰安婦」の強制連行は、「朝鮮人強制連行」の上に成り立つものだった。強制連行の被害者を男から女に替えたものが、「慰安婦強制連行」というわけだ。

 慰安婦強制連行が捏造であったのと同じように、今日では「朝鮮人強制連行」がある政治勢力による作り話であることが分かっている。

 強制連行説の最初は、北朝鮮の「朝鮮民主法律家協会の声明」(1964年3月20日)だ。そこには、「日本帝国主義は当時朝鮮人を連行するにあたり、夜中に農家を襲撃し、白昼にトラックを横付けして畑で働いている朝鮮の青壮年たちを手当たりしだいに拉致していくなど、文字どおりの『朝鮮人狩り』をおこなった」との記述がある。

 これを朝鮮大学校講師の朴慶植(パク・キョンシク)氏が『朝鮮人強制連行の記録』(未来社、65年)という著書で広めた。が、朝鮮人強制連行説は当時、広がりを見せなかった。日本の歴史教科書まで載るようになったのは80年代のことだ。共産主義の落日が明らかになり、共産主義国家の蛮行である北朝鮮による日本人拉致を日本政府が認定しつつあった時期と重なる。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。