恐怖の「デング出血熱」 ウイルス持つ蚊は数千匹か 頭痛薬で重症化の恐れも

2014.09.05


立ち入り禁止の規制線が張られ、厳戒ムードの代々木公園【拡大】

 デング熱の感染者が60人に迫るまで急拡大し、とうとう感染源の東京・代々木公園が封鎖された。ウイルスを持つ蚊は感染者の数十倍から数百倍はいるとみられ、専門家は、同公園とその周辺に数千匹が生息している可能性があるとも指摘する。発症しても恐れるものではないとされるが、だからといって軽く見ると痛い目に遭う。手当てを誤ると重症化した「デング出血熱」となり、至る所の毛細血管から出血、死亡する場合もあるからだ。

 代々木公園の封鎖は1967年の開園以来初めて。同公園に隣接するNHKに勤務する女性職員1人と女性スタッフ1人もデング熱を発症するなど感染者は59人に拡大。今後、まだ増えそうだ。

 かかってもそれほど恐れることはないというのがいまの認識だが、それもあくまで適切な処置を行った場合。風邪と思い込み自己判断すると、エライ目に遭う。

 デング熱について、関西医科大学の西山利正教授(公衆衛生学講座)は「初期症状は高熱と頭痛、倦怠感。特徴的なのが、目の奥に感じる骨が折れたときのような痛みだ。関節の痛みとともに、毛細血管からの出血もある。白目の部分が充血するなどの症状もみられる」と説明する。

 「怖いのは重症化して『デング出血熱』を引き起こした場合で、デング熱ウイルスがたくさん血中に入り込むと、血小板が急減し、体のあちこちの毛細血管から出血する。腹水がたまるほか、鼻血が出たり、足などに点状の皮下出血を引き起こしたりする。致死率はそれほど高くはないが、抵抗力のない子供では命を落とすケースもある」(西山氏)

 特効薬はないため、痛みを抑えたり、熱を下げたりするなどが主な療法だが、その際にも細心の注意が必要となる。

 「一般的な頭痛薬では、症状が重篤化する恐れがある。アセトアミノフェン以外の解熱鎮痛薬を使うと、血小板の減少を促し、出血を助長する。もしデング熱が疑われるような症状が出たらすぐに専門医に診てもらうこと。自己判断でうかつに薬を服用すると危険だ」と西山氏。

 代々木公園に近寄らず、蚊に刺されないよう徹底防御するしかない。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。