女優・楠城華子 “冤罪”に苦しむ人々の声を聞き流す希薄な当事者意識 (2/2ページ)

2014.09.11

 吉田証言を16回も報じた朝日新聞が「誤報」だったと認めてくれたので、あの時の私は間違っていなかったとすがすがしい気持ちだ。同時に朝日の社員の方々が気の毒に思えてきた。例えば自分の親が逮捕されたら、まずはそんなことをするはずがないと信じ、罪が確定してからは、自分がやったことでなくとも身内が人様に迷惑をかけて申し訳ないと責任を感じ、負い目を感じながら生きていくものだ。肉親を糾弾するのはさぞかし辛かったろう。

 しかし、朝日は日本人に濡れ衣を着せた張本人だ。実は冤罪だったと分かったら、「やっと冤罪が晴れた」と喜ぶのが人情だ。誤報を認めても、冤罪に苦んできた人々の声を聞き流せるとしたら、人としての愛情が欠けているか、あるいは日本人としての当事者意識が薄いのかもしれない。

 朝日が誤報を30年以上も放置したことで、私の恋は破れ、日本人は残虐な行為をして、しかもそれを認めない国民だという不名誉な烙印を押された。損なわれた国益の大きさは計り知れない。朝日はその過ちを償うため、現役の社員にも多大な負担がかかることだろう。戦時中、実際につらい思いをされた方の話でさえ疑われるかもしれない。

 国際社会における日本人の二重の不名誉を完全に拭い去るまで、自らの責任と捉えて積極的に取り組んでほしい。それが、朝日が新聞としての信用を回復する唯一の手段と言えるのではないか。

 ■楠城華子(なんじょう・はなこ) 1980年、山口県生まれ。東大法学部卒。「六條華」の名前でグラビアアイドルとして活躍。その後改名して映画「まいっちんぐマチコ先生」などに主演。2010年に結婚し、現在は二児の母。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。