コンビニ狙うモンスターカスタマー 「土下座恐喝事件」は氷山の一角 (2/2ページ)

2014.09.16


男性店長らに土下座を強要する様子を撮影した動画の一部(ネットから)【拡大】

 元コンビニ店オーナーで、コンビニ経営者向けの支援サイトなどを手がける里見智忠氏も今回のケースについて「あの手のクレームは日常茶飯事。利便性をうたうコンビニ店では、少しでも不便さを感じると豹変(ひょうへん)する客が多い」と指摘する。

 里見氏は石川県内のコンビニ店で2010年11月、男性店長が強盗に包丁で刺されて死亡した事件に「ひとごとじゃない」とショックを受け、サイトを設立。コンビニ店開業志望者へのアドバイスなどを続けている。

 里見氏は「店側が騒ぎを収めようと下手に出ると、要求をエスカレートさせる。日ごろから地域の警察官と信頼関係を築き、対応訓練を重ねるなどして、毅然(きぜん)とした態度で臨まなければならない」と話している。

 今回被害に遭った店には事件後、励ましの電話が数十件あったという。土下座させられたオーナーは夕刊フジの取材に「息子と店を守りたい一心で対応したが、後になって恐怖が込み上げてきた。どうやって店やスタッフを守っていけばいいのか…」と憔悴(しょうすい)した様子で語ったが、とんでもない時代になったものだ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。