危ない8つの活断層 茨城地震で浮き彫り “M8〜6級”リストアップ (1/2ページ)

2014.09.18


関東の主な活断層【拡大】

 首都圏に震災の恐怖が漂っている。16日に発生した茨城県南部を震源とするマグニチュード(M)5・6、最大震度5弱の地震は複数のけが人を出し、地震の恐ろしさを改めて印象づけたが、気になるのはこの震源が内陸だったことだ。国は、関東地方でM8〜6級の大地震のリスクを抱える活断層を8つリストアップしている。しかも、「首都圏の地下には未知の断層が隠れている可能性もある」(専門家)というから警戒は怠れない。

 東日本大震災から3年半がたったが、日本列島はなお不安定な状態が続いている。

 関東を揺らした16日昼の地震は、そのことを再確認させるのと同時に、東大地震研が「4年以内に50%以下」(2012年公表)の確率で発生するとしているM7級の首都直下地震への警戒感をも呼び起こした。

 現在、国が運営する「地震調査研究推進本部」で、M8〜6級の大地震の発生が懸念されている内陸の活断層は8つある=表。

 なかでも、首都直下地震の発生が危険視され、想定震源域にもなっているのが「立川断層帯」だ。

 「埼玉県と東京都西部にまたがる全長約22キロの『立川断層』と、北西方向にある『名栗断層』で形成される全長約33キロの断層帯で、国の調査では、今後30年以内にM7・4程度が0・5%から2%の確率で発生するとしている。2011年の東日本大震災によってその発生確率が高まったともいわれている」(気象庁関係者)

 三浦半島の中・南部と周辺海域に位置する「三浦半島断層群」も危ない。この断層群の一部は、今後30年以内にM6・6程度の地震のリスクが「6〜11%」ある。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。