全国危ない47火山 箱根山、富士山、那須岳など…専門家が警告! (1/3ページ)

2014.09.29


 石室山荘の裏には巨大な岩が転がっていた=29日午前9時32分、長野・岐阜県境(本社ヘリから、甘利慈撮影)【拡大】

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(おんたけさん、3067メートル)が突然、噴火した。晴れた秋の休日。登山者でにぎわう日本百名山の1つは、水蒸気爆発と火砕流にまみれ、多くの犠牲者を出すとともに29日午前現在、山頂付近の登山道などで二十数人が心肺停止状態で取り残されている。活火山は国内各地に点在し、気象庁が常時観測しているものだけで47も存在する。専門家はそのどれもが不意を打って噴火する可能性を指摘する。箱根山、那須岳、吾妻山、もちろん富士山も例外ではない。

 御嶽山の噴火で、長野県警は28日、山頂付近の登山道などで31人が心肺停止になっているのを発見し、麓に搬送した男性4人の死亡を確認した。

 長野、岐阜両県警と消防、陸上自衛隊は29日、約550人態勢で、残る27人の救助活動を再開。同日午前、陸自のヘリコプターで心肺停止の6人を麓の長野県王滝村に運んだ。27人のほかにも入山届を出したのに連絡が付いていない人や届けを出さずに登った人もおり、長野県警は家族から寄せられた情報などを基に被災状況の把握を急ぐ。

 負傷者は少なくとも40人に上り、1991年に43人が犠牲となった長崎県の雲仙・普賢岳噴火以来の惨事となった。

 御嶽山は27日午前11時52分ごろ噴火。多くの登山者が取り残されたが、山小屋で一夜を明かすなどして28日夜までに230人以上が自力で下山した。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。