関東大地震に警戒 噴火前後に多くの発生事例…周辺に13火山集中 (1/3ページ)

2014.09.30


山頂付近で噴煙を上げる御嶽山=30日午前9時20分、長野・岐阜県境(本社ヘリから)【拡大】

 長野、岐阜県にまたがる御嶽山(おんたけさん、3067メートル)が噴火してから4日目を迎えた。山頂からの噴煙は止まず、有毒な火山性ガス、堆積する火山灰、活発化する火山性微動が取り残されている登山者の救助活動を阻み続けている。7年ぶりに不意を打って噴火した日本百名山。この現象に別の意味で危機感を募らせる関係者もいる。過去、噴火の前後に大地震が発生したケースが少なくないからだ。地震学者は「何が起きてもおかしくない」と警戒を呼びかける。

 長野県警と消防、陸上自衛隊は30日早朝、心肺停止状態のまま、山に取り残された24人の登山者らの救助・捜索活動を再開した。だが、火山性微動の振れ幅が早朝から大きくなり、「(噴火した)27日夜と同じぐらいになっている」(気象庁の担当者)ため、危険と判断。午前8時前、一時中断した。県警などは二次災害を防ぐため、実施するかどうか慎重に検討している。

 現場は硫化水素の濃度が高く、28、29日ともに活動をいったん打ち切った。長野県によると、30日は約850人態勢で臨んだが待機。状況が改善すれば陸自の大型ヘリコプターで、捜索隊を山頂付近まで直接送る予定。

 噴火では、これまでに12人の死亡が確認され、心肺停止状態の24人が山に取り残されている。けが人は少なくとも69人に上った。

 噴煙はこの日も続き、気象庁は27日からの噴火警戒レベル3(入山規制)を維持し、火口から4キロ範囲での噴石や火砕流の危険性があるとしている。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。