気になる大地震との関係 8日夜に皆既月食 東日本大震災の前後にも… (1/2ページ)

2014.10.07


2011年12月に都内で観測された皆既月食【拡大】

 満月が地球の影に入る皆既月食。8日夜に沖縄県の一部を除く全国で観測できる見通しだ。月食は太陽と地球、月が一直線に並んだときに起きる現象だが、実は不気味な指摘もある。「月食が大地震を引き起こす可能性がある」(専門家)という。2011年3月の東日本大震災の前後にも確認されているが、一体どういうことなのか。

 11年12月以来、約3年ぶりとなる天体ショー。皆既食の月は真っ暗にはならず、太陽の光が地球の大気で散乱、屈折してかすかに赤い光が届くため、赤黒い「赤銅色」となる。

 国立天文台によると、8日は東の低い空にある月が午後6時15分から欠け始め、同7時25分から1時間、完全に地球の影に入る。徐々に戻り、同9時35分に終わるまで3時間余り、夜空に幻想的な光景が広がることになる。

 ただ、気になるのは地震との関連だ。

 夕刊フジで「警戒せよ! 生死を分ける地震の基礎知識」を連載する武蔵野学院大学の島村英紀・特任教授は、「月と太陽の引力と地震との関連性は、学説として厳密に確立されているわけではないが、これまでもたびたび学会などで指摘されている。太陽と月の引力はとても大きく、地球にもその影響は及んでいるのは間違いない」と指摘する。

 月や太陽の引力による影響がはっきりと現れるのが潮の干満で、地球が自転するのに伴って生じる引力差によって海面が上下する。この現象を海面潮汐(ちょうせき)と言う。

 「潮汐以外にも、太陽と月の引力は、地球の岩盤を30〜40センチ上下に移動させるといわれている。これを地球潮汐と言い、地球と月、太陽の距離が近づく皆既月食では、通常時の地球潮汐よりも大きな力がかかっているはずだ」(島村氏)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。