ノーベル賞の3人を世界が称賛「エジソン超えた」 中韓は自虐と落胆…  (1/3ページ)

2014.10.08


青色LEDを手に笑顔を見せる中村修二氏=7日、米サンタバーバラ(共同)【拡大】

 革命的な偉業を成した日本人の研究者3人に最高の栄誉が与えられた。2014年のノーベル物理学賞に、青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇・名城大終身教授(85)、天野浩・名古屋大教授(54)、中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)の3人が決まった。低消費電力で長寿命などの利点があるLEDの実用化に貢献し、次世代の光源として普及させた功績が評価された。エジソンを超えた−。世界が最大級の賛辞を贈っている。

 ノーベル物理学賞に決まった3人のうち、海外にいる中村氏と天野氏が7日(日本時間8日)、それぞれ受賞の喜びを口にした。

 中村氏はサンタバーバラ校で記者会見し、「誰もがLEDを使い、エネルギーを節約できるようになることが願いだ。LEDという私の夢がかないうれしい」と強調。この会見の前には「徳島の田舎の普通のサラリーマンでも、頑張ればこういうチャンスがあることを若い人に分かってもらえるんじゃないか」とも語った。

 天野氏は共同研究のため訪れたフランス南東部グルノーブルで「人の役に立ちたいという思いでやってきたことが認められてうれしい」と記者団に話した。日本からの移動中に乗り継ぎのドイツ・フランクフルト空港で決定を知ったという天野さんは「ただただ驚くばかり」と笑顔。何度も実験で失敗を繰り返した末の成果に「必ずできると信念を持ってやってきた」と話した。

 赤崎氏は7日夜、名古屋市天白区の名城大で記者会見し、「ちょっと半分サプライズで、これ以上の名誉はない」と感無量。受賞決定の連絡は午後6時ごろ、研究室で書類整理中に受けた。「グッドニュースだ」と伝えられたという。

 3人の貢献で実用化されたLEDは、省電力で長寿命の照明を実現し、便利で環境に優しいという時代の要請に応える技術の代表格。電球だった信号機はより見やすいLEDになり、DVDより大容量のブルーレイディスクにも使われる青色LEDは、すでに身の回りにあふれ、快適な暮らしに貢献している。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。