【痛快!テキサス親父】放火、放尿…韓国人よ、恥を知れ! 暴挙で靖国神社「鎮霊社」施錠 (2/2ページ)

2014.10.10


靖国神社は警備が厳しくなっていた【拡大】

 靖国神社には、日本を守るために尊い生命を捧げた約250万人の日本人の魂とともに、戦争で亡くなった世界中の人々の魂が、身分や男女の別なく、祀られている。「戦争神社」などと揶揄する向きもあるが、ひどいレッテル張りだ。靖国神社は英霊に感謝し、平和を願う場所だ。

 俺は韓国人のすべてを批判するつもりはない。ただ、米国のアーリントン国立墓地や、英国のウェストミンスター寺院に放火したり、放尿しようとする外国人がいれば、米国人や英国人は決して許さないだろう。靖国神社での事件も、国際的にもっと報道されたら、世界中の人々が驚き、その醜悪さに顔をしかめるはずだ。

 ところが、韓国からは、靖国神社への蛮行を支持する声しか聞こえてこない。本当の愛国者は、自国民の暴挙は厳しく批判すべきだが、韓国ではそうなっていない。アンフェアな判定が続出した仁川(インチョン)アジア大会と同様、これらは韓国の国際的評価を低下させるだろう。

 ヘイトスピーチは問題だが、日本人の韓国への抗議は、韓国人が行うアクションに対して、リアクションをしている側面が多い。しかし、日本がリアクションをやめても、韓国はアクションをやめることはないだろうな。あきれるぜ。

 親愛なるみなさんと日本と米国に神のご加護がありますように。

 では、また会おう! 

 ■トニー・マラーノ 評論家。1949年生まれ。テキサス州在住のイタリア系米国人。サラリーマンを退職後、動画サイト「ユーチューブ」などで連日、評論活動を行っている。世界のあらゆる“悪”と戦う「プロパガンダ・バスター」でもある。大変な親日家であり、日本でも圧倒的ファンを獲得している。著書に『テキサス親父の「怒れ! 罠にかかった日本人」』(青林堂)など。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。