実態とかけ離れたカジノ推進派の「期待」 (1/2ページ)

2014.10.19

 カジノを中心とした統合型リゾート推進派の国会議員でつくる超党派の「国際観光産業振興議員連盟」(通称カジノ議連)は10日に幹部会を開いた。会合では、すでに提出したカジノ推進法案について、いったんは決まっていた「カジノ利用者を外国人に限定する規定」は盛り込まず、一定の要件を満たせば日本人も利用できるよう修正した。

 今回の臨時国会の焦点のひとつになっているカジノ推進法案について、日本はギャンブル依存症者の割合が高く、多重債務者の増加など悪影響も心配されている。つまり、日本人をカジノに行かせたら大変なことになる、というわけだ。

 たしかに、パチンコで生活を乱す人は多数いる。炎天下、赤ちゃんをクルマに閉じ込めたままパチンコを続けて死なせた事件もあった。このため、法案を通したいカジノ議連は「日本人にはやらせない」と言い出した。

 これに対し、積極派の首相官邸は「カジノは成長戦略の柱のひとつ。外国人限定は望ましくない」と懸念を示した。本音は、「では、何のために日本でやるの?」というわけだ。

 ということで、ギャンブル依存症の問題も考慮し、日本人については「カジノ施設への入場者の範囲の設定、入場料徴収など必要な措置を講ずる」という文言を法案に盛り込んだ。

 2010年に合法カジノを含む大型リゾート施設が開業したシンガポールでは外国人以外、つまり国民はカネを払わないと施設に入れない。ここを視察した人たちが、日本もそうしようと言い出したわけだ。

 しかし、自分の国のカジノに行くのにカネを払わせるのはいかがなものか、外国人をカモにしているようで逆に印象が悪い、という意見もあって迷走している。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。