坂本龍一氏が選考のロゴにパクリ疑惑 作者男性「見たことない」 札幌国際芸術祭 (1/2ページ)

2014.10.22


坂本龍一氏【拡大】

 札幌市などが主催した「札幌国際芸術祭2014」のロゴマークが、米製薬・ヘルスケア大手が販売していた美容液のマークに酷似していることが22日、分かった。芸術祭のロゴは、札幌市のデザイナーの男性(48)が応募し、世界で活躍する音楽家の坂本龍一氏(62)が選考して採用された。同市では、応募者に事情を聴くなどの対応に乗り出している。図柄を見比べる限り、単なる偶然とは思いにくいのだが…。

 札幌国際芸術祭は先月28日までの72日間、札幌市の北海道立近代美術館などで開催され、現代アートの展示や舞踏、映像作品の発表が行われた。

 ロゴマークは、札幌市などでつくる実行委員会が2012年12月19日から13年2月11日まで、北海道内の高校生以上の個人、団体を対象に公募した。343点の応募の中から、同芸術祭のゲスト・ディレクターを務めた坂本氏の選考によって採用作品が決まり、男性には賞金20万円が贈られた。ロゴマークは芸術祭のパンフレットや広報資料などに掲載された。

 募集要領には「募集する作品は応募者が創作した未公表の作品」「既発表のデザインと同一または酷似していた場合、もしくは応募者の作品でないことが判明した場合は、採用を取り消し賞金は返還してもらう」と明記されている。

 ところが、採用されたロゴマークは、製薬・ヘルスケア大手のジョンソン・エンド・ジョンソンの美容液「レチノックスリンクルフィラー」の容器などに記されているマークと、ほぼ同じ図柄であることが判明した。

 同社によると、この美容液は09年6月から13年2月まで販売されており、芸術祭のロゴの公募開始時にはすでに出回っていたことになる。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。