週刊誌の葬儀特集とダイエー消滅で決断 麻布自動車復活編 (1/2ページ)

★麻布自動車復活編

2014.10.23


麻布自動車と三越が提携した「世界の名車サロン」。こういう時代もあった【拡大】

 先日、週刊誌の「80歳以上の有名人に聞いた葬儀の考え」という特集を読んで、考えさせられた。多くの人は「葬儀は簡素に」「家族だけで質素に」と望んでいた。「葬儀はしない」という方も少なからずいた。私も今年80歳。同窓生の多くは亡くなっている。そんな状況で葬儀をして、意味があるのだろうか。

 この特集を読んだ後、娘と息子に「私の葬儀はどうする?」と尋ねると「大きくはしないけど、お世話になった方にお知らせしたい」と言う。

 「どうしようか?」と迷っているとき、「ダイエーの屋号が消える」という報道に接した。小売業トップだったダイエーは、阪神・淡路大震災で痛手を負い、経営多角化の失敗などもあって、産業再生機構の支援を経て、昨年からイオンの子会社となった。そして、2018年度には店舗名が消えるという。創業者の故中内功さんも無念なことと思う。

 裸一貫から一代で会社を大きくした者同士、12歳先輩の中内さんにはかわいがられ、ダイエーの会長室にはよくお邪魔した。「ダイエー・ホークス(現ソフトバンク球団)を強くする方法はないか?」と相談され、西武などの監督を歴任した広岡達朗さんを紹介したこともあった。

 中内さんがダイエーを創業したのは1957年。私はその前年、22歳で麻布小型自動車を設立して商売を発展させ、63年に社名を麻布自動車に変えた。ダイエーの名が消えると知って、私は以前から漠然と考えていたプランを実行に移そうと考えた。

 麻布自動車の名を孫の代に残そうというものだ。

 といっても、バブル経済崩壊で、金融機関に対する麻布自動車(78年に麻布建物と社名変更)の債務は整理回収機構に譲渡され、会社も整理された。ハワイのホテルも栃木のゴルフ場も持っていかれ、1兆円といわれた資産はすべてなくなっている。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。