中国人、日本で「紙おむつ」買い占めのワケ 兵庫では逮捕者も (1/2ページ)

2014.10.25


中国人が乳幼児向け紙おむつ「メリーズ」を大量に保管していた倉庫=兵庫県明石市【拡大】

 日本製の乳幼児用紙おむつの人気が中国で高まり、日本の店頭で買い占めが横行している。兵庫県内では在留資格外の紙おむつの買い付けをしたとして、兵庫県警が入管難民法違反(資格外活動)の疑いで中国籍の男3人を逮捕する事態に発展した。中国では近年、粉ミルクに有害物質が含まれる問題が相次ぎ、海外での買い占めが問題化。専門家はおむつの買い占めについても「中国製育児用品の信頼低下が影響している」と指摘している。

 兵庫県警によると、中国籍の男3人は7〜8月、神戸、明石、姫路の各市の店舗で、調理師の在留資格で入国しながら、紙おむつを買い付けたとしている。3人は5日間で店頭価格1500〜2000円の紙おむつ990パックを購入。出入りしていた明石市の倉庫には約1万パックが保管されており、滋賀県で中華料理店を経営する中国籍の20代の男性が買い取っていたという。

 県警は中国に輸出・転売されていたとみて流通経路などを調べているが、買い占められた紙おむつは主に花王の「メリーズ」だった。

 花王によると、中国では「肌に優しい」と人気で、店頭では日本よりも高額で売られている。中国人らによる買い占めの影響で、日本では品薄状態が続いているという。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。