就職に強い意外な大学 「東工大VS一橋大」一騎打ち 工業系8つ「理高文低」傾向 (1/3ページ)

2014.10.31


大手企業の人事担当者が足しげく通う秋田市の国際教養大【拡大】

 2015年大学入試の準備が大詰めを迎える中、大学選びの指標の一つになるのが就職率だ。受験関連の情報分析に定評のある「大学通信」の「有名400社実就職率」最新ランキングによると、1位は東京工業大で、トップ30のうち8つが工業系大学など「理高文低」の傾向が顕著になった。このほか女子大も5大学がランクインし、健闘した。本当に就職に強い大学はどこか。

 有名400社は、大学通信が日経平均株価指数の採用銘柄に加え、会社規模や知名度、大学生の人気企業ランキングなどを参考に選定。業種は建築・住宅、食品、化学、商社、銀行、広告、サービスなど多岐にわたる。 実就職率ランクは、その400社への就職者数を、卒業者数から大学院進学者数を引いた数で割り、順位付けしたものだ。

 2014年大学卒業者を対象にしたトップ30をみると、1位の東工大(55・9%)と2位の一橋大(55・6%)の一騎打ち状態なのが分かる。

 大学通信の安田賢治ゼネラルマネジャーは「優秀な学生は、東大の次に理系ならば東工大、文系ならば一橋大を目指す傾向が強い。就職戦線でも、その結果が顕著に表れている」と解説する。

 両大学とも歴史的に就職に強く、「東工大は建設、メーカーに非常に強く、例えば、日立製作所に35人、三菱電機には24人が就職している。一橋は銀行など金融系に強い。三菱東京UFJに23人、みずほに22人、三井住友に19人が入った。全体的に文系学生の就職難が指摘されるが、一橋は卒業生も少なく、キャリアセンターや大学教授の(指導の)目が行き届いている」という。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。