北海道「イワシ大量死」は大地震の前触れ? 識者「海底に電流流れ異常行動か」 (1/2ページ)

2014.11.11


北海道・浦河港に押し寄せたイワシの大群=6日午前(浦河町提供)【拡大】

 北海道の港に大量のイワシが打ち上げられ大騒ぎになっている。5日から6日にかけて浦河町の港を推計100トンに及ぶ魚群が埋め尽くし、3日には約80キロ離れたむかわ町でも大量の死骸が漂着した。不気味なことにその3日には、むかわ町付近を含む広いエリアで最大震度4の内陸地震が発生。海の異変に地元では「大地震の前触れではないか」と危ぶむ声が挙がっている。

 「長くこの町にいてこんなことは初めて。何かよからぬことが起きなければいいんですが…」

 浦河町の池田拓(ひらく)町長(63)は、こう不安を口にした。

 同町の浦河港に異変が起きたのは5日昼ごろ。マイワシなどが徐々に入り込み、6日未明には港に大群が押し寄せた。

 浦河町の水産商工観光課によると、同町職員や日高中央漁協関係者ら約70人態勢が回収にあたり、その推計は100トンにも及ぶという。

 3日には、浦河町から北西に約80キロ離れたむかわ町でもイワシの大群が襲来。6日までに浦河町とむかわ町の間に位置する日高町や、新ひだか町でも同様の現象がみられた。

 異変の原因について、浦河町の水産商工観光課は「3日に接近した低気圧の影響で海面に冷たい海水が流れ込み、イワシが冷たい海水を避けようと温かい浅瀬に押し寄せた結果、酸欠状態になって死んだのではないか」と分析。だが、一部では3日に起きた地震との関連を指摘する声もある。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。