【「80年代」復活現象に注目】20代女子の本音トーク「私たちがバブル世代に惹かれる理由」 (1/4ページ)

2014.12.22


 20代女子の本音トーク「私たちがバブル世代に惹かれる理由」【拡大】

 草食系と呼ばれる同世代の男ではなく、一回り上の男性−−つまり、80年代に青春時代を送った、いわゆる「バブル世代」に惹かれる若い女性たちが増殖中だという。そこで、20代の一般女性4人に集まっていただき、座談会を開催。飲み友達だという4人から、果たしてどんな意見が飛び出すのか。

 「モテるための努力やリサーチを怠らないバブル世代はカッコイイ」

 −−まず、80年代そのものについてどういう印象を持っていますか?

 たけちゃん(以下た)「『キャッツ・アイ』か『シティーハンター』」

 まみちゃん(以下ま)「なんで、漫画?(笑)」

 えりかちゃん(以下え)「ケチな人がいない気がする」

 あきちゃん(以下あ)「それもスマートに払ってくれそう」

 「今はファッションでも旬なキーワードだと思う」

 「私は今日、“プロデューサー巻き”にするか迷いました」

 「私もよく“アラレちゃん眼鏡”かけてるし」

 「『80年代』っていう意識がないかも。今のファッションってとらえてる」

 「“ケミカルウォッシュ”もみんなはいてるし、今年の秋はスタジャンが欲しい」

 「えりかちゃんは今日“ハイウエスト”だしね。少し前はみんな“ローライズ”だったのに」

 「え、あの……ローライズって何ですか?」

 全員「えッ!?」

@DIME

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。