世界の不動産を買いあさり イ・アイ・イ高橋治則社長編 (1/2ページ)

★イ・アイ・イ 高橋治則社長編

2015.01.22


高橋治則さんは歌手の千昌夫さんとも親しかった【拡大】

 わが麻布グルーブの「A」、イ・アイ・イ・インターナショナルの「I」(正確にはエレクトロニック・アンド・インダストリアル・エンタプライゼスで「EIE」になるのだが)、第一不動産の「D」、そして秀和の「S」の頭文字から、バブル経済崩壊後に不動産がらみで経営破たんした4社は「AIDS」と名づけられた。私はそれぞれの経営者と親しかった。

 そのひとり、第一不動産の佐藤行雄さんは、ニューヨークのティファニー本社ビルを買収するなど海外にも進出した。1982年には不動産担保ローンを始め、子会社にノンバンクの第一コーポレーションも抱えていた。

 このノンバンクをスタートさせたころ、よく私のところに「ウチのカネを使ってよ」と勧誘しにきた。「銀行が貸してくれるから、いいですよ」と断っていたが、その後、金融引き締めがあって銀行が貸さなくなったとき、少し借りた。

 私の会社と同じく、第一不動産はバブル崩壊で資金繰りが悪化、結局2007年、倒産した。佐藤さんは09年に亡くなった。85歳だった。

 一方、05年に59歳の若さで亡くなったのが、イ・アイ・イの高橋治則さん。慶応大学を卒業後、日本航空を経て、磁気テープなどの電子部品輸入商社だったイ・アイ・イの経営を立て直して社長に就任し、会社をリゾート開発会社に変えて、バブル期には総資産1兆円の企業グループを構築した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。