南海トラフ地震の「先駆け」となった西日本の直下型地震 (1/2ページ)

2015.01.30


3日に発生した兵庫県豊岡市の城崎温泉での大規模火災。過去には地震の被害にも見舞われた(本社ヘリから)【拡大】

 1月3日、日本海岸に近い兵庫県豊岡市・城崎(きのさき)温泉で大規模な火事があった。19棟、延べ約2700平方メートルが焼けた。

 私たち地震学者が城崎温泉の火事と聞いて思い出すものがある。

 それは北但馬地震(1925年)と北丹後地震(27年)のことだ。この2つはマグニチュード(M)がそれぞれ6・8と7・3。直下型地震としては阪神淡路大震災(M7・3)なみの大きな地震だった。

 これらの地震で城崎温泉をはじめ、兵庫県北部や東隣の京都府北西部など丹後半島の付け根部分では大きな被害が出た。

 北但馬地震での死者は430人、家屋の全半壊は4000棟におよんだ。震源地付近では83戸あった住宅のうち82戸が倒壊したほどの強い揺れだった。

 北但馬地震が起きたのは5月の午前11時すぎ。昼食の準備の時間だった。このため大火が起きて豊岡では焼失家屋は2300棟を超え、町の半分が焼失した。城崎だけで人口の8%、271人という多数の死者を生んでしまった。犠牲者の大半は炊事中に倒壊した家にはさまれたまま火災で焼死した女性だった。

 城崎町では、2年後の北丹後地震でも3月の夕食時だったこともあって火災で2300棟以上が焼失した。この地震での各地での合計は死者2900余、揺れによる全半壊2万2000棟にものぼった。

 城崎は地震による大火にたびたび痛めつけられたところなのである。

 じつは北但馬地震と北丹後地震は単なる直下型地震ではなかった。これらの地震は海溝型地震である南海地震(46年、M8・0)と東南海地震(44年、M7・9)の「先駆け」になった地震ではないかと考えられている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。