【沖縄が危ない】石垣や与那国まで狙う中国 領土を軽く考えると子孫に重大な禍根を残す (1/2ページ)

2015.03.05


尖閣諸島・魚釣島上空を飛行する海上自衛隊の哨戒機P−3C【拡大】

★(3)

 中国紙「環球時報」(電子版)は昨年12月、米国人学者の論文を引用する形で「将来、八重山諸島が中国と日本の摩擦原因となる可能性が高い」と報じた。中国が尖閣諸島だけでなく、八重山の島々である石垣島や与那国島などにも強い関心を抱いていることが明らかになった。

 「日中間の対立」というと尖閣ばかりがクローズアップされる。だが、八重山に住む私たちは、もともと中国の視線はもっと先にあると感じていた。つまり中国は、八重山を制圧することで、太平洋に進出し、米国と対決する道が開ける。尖閣はその糸口に過ぎない。

 石垣島や与那国島への自衛隊配備に反対する人たちは「基地があるから攻撃される」と主張するが、中国に太平洋制覇の野心がある限り、八重山は基地がなくても狙われるだろう。

 安倍晋三首相と中国の習近平国家主席が昨年11月に会談した後も、尖閣周辺海域では、中国公船「海警」が連日航行を続け、領海侵犯のペースは衰えていない。日本では日中首脳会談による雪解けムードが報道されがちだが、私たちから見ると、尖閣や八重山を標的とする中国の攻勢はまったく変わっていない。

 国境の島々の重要性を考えるとき、興味深いエピソードがある。

 明治政府が琉球王国を併合した1879年の「琉球処分」に対し、当時の清国が強硬に抗議した。これに対し、明治政府は、沖縄本島を日本領とする代わりに「先島」と呼ばれる宮古、八重山を沖縄県から分割し、清国に割譲する案を提示した。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。