【痛快!テキサス親父】大人げない朴大統領 進展なき日本攻撃 韓国よ、早く気づけ… (1/2ページ)

2015.03.06


シャーマン米国務次官の発言が波紋を広げている(AP)【拡大】

 ハ〜イ! 日本のみなさん。俺はずっとオバマ米政権が自国や同盟国の安全をかなぐり捨てて、敵を抱きしめる(=利する)政策をとり続けていることを嘆いてきた。だが、発足から6年たって、やっと、アジア太平洋地域の平和と安全における、日本の重要性に気づいたのかもしれない。

 ウェンディ・シャーマン米国務次官が2月27日(日本時間28日)、ワシントンのカーネギー国際平和基金で講演したんだが、この内容が素晴らしかった。俺は、彼女の約11ページ、約7000字にわたる講演録に目を通しながら、ユーチューブで演説を聞いたが、大嫌いな民主党に完全に同調しそうになったぜ。

 シャーマン次官は、日中韓の関係が「円滑ではない」と指摘して、次のように語ったんだ。

 「政治指導者が過去の敵を非難することによって、安っぽい喝采を浴びるのは難しいことではない。しかし、このような挑発は進展ではなく機能停止をもたらす」

 国務省ナンバー3で、オバマ政権の外交政策を取りまとめるシャーマン次官の発言は、当然、オバマ大統領の意向を受けたものだろう。彼女は決して特定の国や人物を名指ししなかったが、前後の文脈から、日本に対して、慰安婦問題などで攻撃を続けている韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領に暗に自制を求めたものに間違いない。

 俺も以前から言い続けてきたが、朴大統領の大人げない態度は、日米韓の同盟関係に亀裂を生じさせ、東アジアの安全保障を危険にさらし、中国と北朝鮮を喜ばせている。大体、朝日新聞が大誤報を認めたことで、慰安婦問題の核心は消滅している。さすがのオバマ大統領もうんざりしている証拠といえるぜ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。