【日本の解き方】中国、中途半端な金利の自由化だけではさらなる地獄になる予感… (1/2ページ)

2015.03.19

 中国人民銀行の周小川総裁が銀行の預金金利を自由化する方針を打ち出した。その背景や、金利自由化によって何が起こるか、考えてみたい。

 中国の金融改革は、金利の自由化のほかに、金融業務の自由化、資本取引の自由化、為替の自由化もあるが、金利の自由化を先行させ、そのほかについては後回しするようだ。そして金利の自由化とともに、預金保険制度の導入も行うようだ。

 中国の銀行は、日本流に言えば、ほぼすべてが国有銀行だ。貸出金利は自由化されているというものの、預金金利は低金利政策で低く抑えられているため利ざやが確保され、銀行の収益は盤石だ。

 その上、「影の銀行(シャドーバンキング)」に関与して、高い手数料を得ている。シャドーバンキングには代表的な2つの商品がある。銀行がある企業に資金を貸し付け、銀行は資金需要者にその企業を紹介し、資金需要者はその企業から高い金利で資金を直接借り入れる「委託融資」と、貸出債権を小口化した「理財商品」だ。

 こうした中国の銀行の収益は莫大なものとなり、銀行員の年収は、平均的な労働者の10倍にも迫るという。

 習近平体制が金利の自由化に最初に手をつけるのは、金融システムを近代化するとともに、こうした社会の不公正を正すというスタンスを国民に示すことが大きい。また、今の低金利政策から金利の自由化に踏み出せば、預金金利は今より高くなるので、この点でも国民の支持を受けやすいだろう。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。