NHK記者「演技依頼」否定 取材不十分は認めるも 「クロ現」やらせ疑惑中間報告 (1/2ページ)

2015.04.09


看板番組のやらせ疑惑には籾井勝人会長も困惑気味だ【拡大】

 NHKの看板番組「クローズアップ現代」のやらせ疑惑で、NHKは9日、調査委員会の中間報告を発表し、記者が「演技の依頼はしていない」と証言していることを明らかにした。しかし、記者とブローカーで不可解なやりとりがあったことも分かり、会見では報道陣から“やらせ”を疑う質問が相次いだ。NHKは一部で取材が不十分だったことを認め、さらに検証するとしている。

 やらせが指摘されているのは、昨年5月14日に放送された「追跡“出家詐欺”〜狙われる宗教法人〜」。調査委員会は、NHK職員らに加え、番組内で「ブローカー」(A氏)や「多重債務者」(B氏)とされた人物らからも聞き取りを実施。

 中間報告によると、記者は、B氏から「寺関係の事情に詳しい人物」としてA氏を紹介された。記者は撮影前にA氏に説明したことを認めた上で、演技の依頼は一貫して否定。一方、A氏は記者から「ブローカー役を演じるよう依頼された」と話しているという。

 しかし、B氏がA氏に借金などを相談するシーンの撮影では、記者が「よろしくお願いします。10分か15分やりとりしてもらって」と指示する声や「お金の工面のやりとりがもうちょっと聞きたい」とリクエストする声、最後にA氏から「こんなもんですか」と記者に問いかける声も記録されていた。

 構成自体も、実際にはB氏からA氏を紹介されたにもかかわらず、先にA氏の存在を突き止めたかのように報じている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。