2015年難関大法学部に強い高校ランク 東大に強い一貫校が上位

2015.04.10

 入学式の季節となったが、今週は東大、京大、早稲田大、慶應義塾大の法学部(東大は文I)の一般入試合格者数合計の学校ランクを紹介したい。

 理系で最難関学部は医学部だが、文系は大学によって異なる。予備校の入試担当者は「最近、人気が下がり続けてきた法学部ですが、今年は少し回復した。国公立大の最難関の文系学部は、法学部で変わっていませんが、私立大は各校に特色があり、法学部とはいえない面もあります。ただ、法律学校から出発した大学も多く、歴史がある分、難関です」という。

 その難関大法学部に強い学校は、開成がトップで69人。内訳は、東大29人、早稲田大30人、慶應10人で、東大と早大でトップ。2位の筑波大付駒場は、東大が開成に次ぐ23人。渋谷教育学園幕張は、慶應の法学部が12人で、攻玉社、浅野と並んで慶大トップだった。

 桜蔭は、早稲田が20人で開成に次ぐ2位。6位にはトップ10で唯一となる公立の日比谷が入った。やはり東大に強い一貫校が上位を占める。京大の法学部合格者が14人でトップの西大和学園は13位とランク外だった。

 このランクを現役合格者数で見ると、順位が大きく変わる。トップに浮上するのは、4位の渋谷教育学園と桜蔭、ランク外11位の女子学院。女子校2校と共学校がトップになる。現役合格者数は30人で、なかでも女子学院の総合格者は32人(浪人2人含む)で、現役率(現役合格者÷総合格者×100)は94%の高率になる。

 一方、トップ3の現役率は、開成は35%、筑波大付駒場は58%、麻布は41%にとどまり、男子校は苦戦。中学受験の専門家は「女子は現役志向が強く、トップ層でも早慶を現役で受けて合格しているのでしょうが、男子校の場合は浪人して初めて抑えを受験する生徒も多く、この差になっているのでしょう」という。

 トップ男子校は、浪人しても東大狙いの生徒が多いことが読み取れる。

 ■安田賢治(やすだ・けんじ) 大学通信の情報調査・編集部ゼネラルマネジャー。1956年兵庫県生まれ。灘中高、早稲田大卒業後、大学通信入社。中高・大学受験の案内書・情報誌の編集責任者として大学合格や就職情報を発信。私立学校のコンサルティングにも協力。著書に『中学受験のひみつ』(朝日出版)など。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。