米軍基地は沖縄&東アジアの「抑止力」 フィリピンの教訓を忘れるな (1/2ページ)

2015.04.11

★(5)

 テレビ朝日系「報道ステーション」が軌道修正したと述べてきたが、限定的だったようだ。さすがに、「I am not Abe」を公言する人物は見なくなった。ただ、8日には米軍普天間飛行場の移転先をめぐって政府と対立している沖縄県の翁長雄志知事について、「知事こそ保守政治家」と大学准教授にコメントさせている。保守政治家を自任する安倍晋三首相をあてこすったものだろう。

 前回、多くの歴史教科書がいまなお、マルクス主義の階級闘争史観に基づいて、日本の歴史を「支配する者」と「支配される者」との対立抗争の歴史として描いていることを紹介した。

 その発展だが、中学の公民教科書では「本土+米軍」対「沖縄」の対立とする記述が目立つ。沖縄を本土や米軍にいじめられている「弱者」として描くものだ。「辺野古の海を守れ」として、公然と移設を妨害している翁長知事にも同じような感覚がうかがえる。

 地上戦の惨劇の歴史を忘れてはならないが、沖縄の米軍基地は迷惑施設ではない。東アジアの安全保障上、重要な役割を果たしているのはもちろん、米軍は沖縄をも守っていることを見落としてはならない。米軍は日本、そして沖縄自体が近隣国からの侵攻を受けないための「抑止力」としての機能を持っている。

 「力と力がぶつかって生じた均衡が平和をもたらす」というのがリアリズムの安全保障の考え方だが、軍事台頭する中国の力を抑止し、沖縄に平和をもたらしているのが米軍なのだ。米軍基地を追い出した後に中国の軍事的脅威を受けるようになった、フィリピンの教訓を忘れてはならない。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。