「村山談話」検証プロジェクトチーム、本格始動 関係者に聴取へ

2015.04.22


和田政宗参院議員【拡大】

 1995年8月15日、当時の村山富市首相が戦後50年の節目に発表した「村山談話」の作成経緯を検証するプロジェクトチームが20日午後、本格的に始動した。談話発表を推進した当事者だけでなく、発表に反対した関係者からも事情聴取を行う手順を確認した。

 議員会館に集まったのは、次世代の党の和田政宗参院議員と、田沼隆志前衆院議員、拓殖大学の藤岡信勝客員教授、「論破プロジェクト」の藤井実彦代表ら。

 村山談話は、村山氏が「植民地支配」と「侵略」を認めて謝罪した談話。歴代内閣が踏襲しているが、「謝罪ありきで、言葉の定義はあいまい、理論的裏付けもなく、秘密裏につくられた」という批判も多い。

 和田氏は「村山政権は歴史を書き換える意図を持っていたのではないのか。現に、談話は多くの閣僚にも事前に知らせぬまま『だまし討ち』のような形で出された。作成過程や発表の背景を明らかにするため、村山氏をはじめ、当時の河野洋平外相や武村正義蔵相、実務を担当した官僚らに話を聞くとともに、談話発表に反対していた人たちからも等しく事実を聞いていく」と語った。 (ジャーナリスト、安積明子)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。