過激派テロか 「ドローン」官邸侵入 セシウム検出 福島原発の汚染水可能性 (1/3ページ)

2015.04.23


首相官邸屋上で見つかった「ドローン」をシートで覆って調べる捜査員ら【拡大】

 反原発を主張する過激派の仕業なのか−。22日午前に首相官邸の屋上ヘリポートで見つかった小型無人機「ドローン」。機体上部に取り付けられたプラスチック製容器には液体が入っており、容器からは微量の放射性セシウムが検出された。警視庁は、液体は、東京電力福島第1原発事故の汚染水の可能性が高いとみて、威力業務妨害などの疑いで捜査を始めた。官邸の屋上は約1カ月間、誰も確認していなかったことも判明。警備体制の不備をついた「汚染水テロ」の衝撃が走っている。

 首相官邸の屋上で見つかったドローンには、放射線を示すマークとともに「RADIOACTIVE」(放射性)と表記されたシールが貼られた容器が積まれており、セシウム134、137が検出された。放射線量は最大で毎時1・0マイクロシーベルト。放射線は微量で人体に影響はないというが、今月2日に千代田区で観測された最大の放射線量(毎時0・07マイクロシーベルト)の約14倍の強さに相当する。

 放射性セシウムは自然界にはほとんど存在せず、東京電力福島第1原発事故では放射性ヨウ素とともに大量に放出された。容器の中に入っていた液体の鑑定は今後進められるが、原発事故による汚染水の可能性が高いとみられている。

 ドローンには容器のほか、小型カメラや発煙筒のようなものが2本積まれていた。ドローンは中国製の「ファントム」と呼ばれる商品。価格は10万円台で白い機体が黒く塗り替えられており、夜間に飛行させるために改造した可能性も浮上している。犯行声明などは届いていない。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。