ネパール地震引き起こしたプレートの異端児 北上続ける「インド亜大陸」 (1/2ページ)

2015.05.01


地震で建物の多くが倒壊した世界遺産ダルバール広場=カトマンズ(ゲッティ=共同)【拡大】

 また「インド亜大陸」が大地震を起こしてしまった。

 ネパールで大地震があり、5000人以上が死亡、負傷者は1万人以上にものぼっている。地震のマグニチュード(M)は7・8だった。

 インド亜大陸ははるか南極海からプレートに乗って北上してきて、約1000万年あまり前にユーラシアプレートと衝突した。しかし、それだけではすまず、いまでも北上を続けようとしてユーラシアプレートと押し合っているのである。

 このためプレートの端がまくれ上がってしまって「世界の屋根」ヒマラヤやチベット高地を作った。ヒマラヤはいまでも毎年1センチずつ高くなり続けている。

 このインド亜大陸の動きはたびたび地震も起こしている。

 近年では2005年にもM7・6の大きな地震がパキスタンを襲って、確認された死者だけでも9万5000人以上という大惨事を生んでいる。

 また08年に中国南西部で起きた四川大地震(M7・9)も多くの学校が潰れるなどして9万人以上が亡くなった。このほか13年にもパキスタンでM7・7の大地震が起き、少なくとも数百人以上が犠牲になっている。

 今回のネパールの地震もパキスタンや中国の南西部で起きてきた地震の兄弟分の地震である。

 ネパールでも1934年にはM8・4の地震で1万人以上、88年にもM6・6の地震で1500人近くが死亡している。

 インド亜大陸が動こうとしている限り、この種の地震は、インドの北にあるこれらの国々で続くに違いない。地震が起きるメカニズムは日本とはちがうが、プレートの動きのせいで地震常襲地帯であることは同じなのである。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。