モータースポーツで活躍する日本人たち 「例の国々」が日本に挑むのは無謀 (1/2ページ)

2015.05.23


米インディカー・シリーズで活躍する佐藤琢磨選手(AP)【拡大】

 5月16、17日、千葉市の幕張海浜公園で「レッドブル・エアレース」が国内で初めて開催された。単発のプロペラ機を用いて1機ずつタイムを競う飛行機レースの世界最高峰だが、選び抜かれたわずか14人の中に、日本人の室屋義秀(むろや・よしひで)選手がいる。

 各選手の経歴を見ると、元空軍のエースパイロットや、アクロバット飛行隊の現役軍人もいる。一方、室屋選手は中央大学時代に航空部に所属し、そこから苦労を重ねてエアレース・パイロットにまで登り詰めた。

 最終結果は8位だったが、今大会での最速タイムは室屋選手が記録した。今後、飛躍的な活躍が期待できると思う。

 室屋選手の経歴を知って思い出したのが、現在米国のインディカー・シリーズで活躍するレーシングドライバー、佐藤琢磨(たくま)選手だ。

 彼はインターハイで優勝するなど、19歳までは自転車選手として活躍した。だが、小学生の時に鈴鹿サーキットで見たF1への憧れを捨てきれず、早稲田大学を中退して四輪レースの世界に進んだ。

 そして、わずか5年でF1ドライバーに昇格した。最高成績は3位表彰台。インディカーに移ってからは、日本人初優勝を遂げている。外見やトークは穏やかな好青年だが、秘めた闘志は誰よりも熱い。

 世界中のモータースポーツは日本人と日本企業抜きでは成り立たない。

 二輪ロードレースの最高峰クラスでは1975年以降、ホンダ、ヤマハ、スズキという日本メーカー以外で年間タイトルを獲得したのは、2007年のドゥカティ(イタリア)だけである。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。