【痛快!テキサス親父】極左集団、他国工作に注意 「辺野古移設反対」沖縄県民の裏で暗躍 (1/2ページ)

2015.05.29


那覇での「県民大会」で、同じプラカードを掲げる参加者【拡大】

 ハ〜イ! 日本のみなさん。俺は先日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する「県民大会」に関する記事をインターネットで読んだぜ。那覇市の野球場で17日に行われたものだが、記事に添えられた写真や映像を見て、強い違和感を覚えたんだ。

 同じプラカードを一斉に掲げて、まるで共産主義国の中国や北朝鮮のマスゲームのようだった。「日の丸」は見当たらず、日本の愛国者たちのデモや集会とはまったく違った。日本の友人に、目立っていた赤い横断幕に何て書いてあるのかと聞くと、「極左暴力集団の名前が書かれている」と言うじゃないか。

 友人に、日本の「警察白書」を訳してもらった。それによると、「暴力革命による共産主義社会の実現を目指している」「組織の維持・拡大をもくろみ、暴力性・党派性を隠して大衆運動や労働運動に取り組んだ」とあった。そんな集団が堂々とのぼりを上げていることに驚いたぜ。

 基地移設に反対する人々は24日にも、国会周辺で抗議行動を行ったようだ。この写真や映像についても友人と確認したが、沖縄で使用されていたプラカードに混じって、日本では使わず、中国で使用されている特殊な漢字で意思表示している集団がいたという。

 中国人が、日本で「米軍出ていけ!」と抗議行動をしているのか? 中国は東シナ海や南シナ海で軍事的拡張を続け、覇権を狙っている。沖縄の米軍基地は日本を含む、東アジアの平和と安全を守る拠点だから、中国が米軍基地を嫌がるのは分かりやすいぜ。

 もちろん、県民大会や抗議行動に参加した人々の多くは、純粋に平和を愛して、基地が危険で騒音がうるさいと感じている人々だろう。ただ、そんな純粋な人々を扇動・誘導して、自分たちの悪しき思惑のために利用しようとする集団や他国が存在することも覚えておいた方がいい。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。