スマイリーキクチ激白 ネットの誹謗中傷対処法 ターゲット拡大撃退業者も登場 (1/2ページ)

2015.05.29


スマイリーキクチ【拡大】

 インターネット上での人権侵害に歯止めがかからない。掲示板やブログなどでの誹謗中傷、別れた相手の裸の写真や動画を流出させる「リベンジポルノ」…。ひと度、被害に遭うと普段の生活はおろか、仕事にも大きなダメージを受けるため事は深刻だ。こうした被害を受けた場合、どう対処すればいいのか。最近ではそれらを根こそぎ排除する“撃退業者”も登場している。

 「家族や周囲の人にまで危害が加えられるんじゃないか。そんな恐怖がありました」

 お笑いタレントのスマイリーキクチ(43)は、ネットでの誹謗中傷にさらされ続けた10年間をこう振り返る。

 キクチが、ネット住民からの攻撃に気がついたのは1999年。所属事務所のホームページに書き込まれた物騒な内容が発端だった。

 《犯罪者に人権はない、人殺しは即刻死刑せよ》《スマイリー鬼畜、氏ね(=死ね)》

 さらには「88年、東京都足立区で発生した殺人事件の犯人ではないか」という根も葉もないデマが、掲示板「2ちゃんねる」で拡散、いつの間にか凶悪事件の共犯者に仕立てられていた。

 「最初は放っておけば消えるだろうと思っていたんですが、デマは積み木のようにどんどん大きくなった。たとえデマでも、ネットでは数が多くなるといつの間にかそれが真実になるんです」

 キクチは2008年9月、自身のブログに、中傷コメントを書き込んだ者たちを刑事告訴、翌09年1月までに19人が検挙された。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。