「警戒レベル3」だった口永良部島の噴火が意味するもの 箱根&富士山も… (1/2ページ)

2015.05.30


島を覆うほどの噴煙を上げる口永良部島(水中写真家・高久至さん撮影)【拡大】

 爆発的噴火を起こした鹿児島県・口永良部島(くちのえらぶじま)の新岳(しんだけ)。日本列島には活火山が点在し、気象庁はその危険度にあわせて、30の活火山に「噴火警戒レベル」を設定しているが、口永良部島は「入山規制」を示すレベル3にとどまっていた。それでも突如、噴火した。「レベル設定は科学的でも学術的でもない」(専門家)。つまり箱根山も富士山も、いつ口永良部島のようになってもおかしくないというわけだ。

 29日に起きた口永良部島の噴火は、高温のマグマが地下水に接触して起きる「マグマ水蒸気爆発」の可能性が指摘されている。専門家は「最長で数年間にわたり、断続的に噴火を繰り返す恐れがある」として、警戒を呼びかけている。

 気象庁が設定する噴火警戒レベルは、火山活動の状況に応じて警戒が必要な範囲や避難など住民らが取るべき行動を5段階で示したもので、2007年から運用が開始された。

 気象庁の担当者は「それぞれの活火山ごとに特性が違う。レベルを決める判断は山ごとに異なる」と話す。実際、レベル1から2に引き上げる基準の一つとして、北海道の十勝岳が「火山性地震が1時間でおおむね20回」であるのに対し、秋田県の秋田焼山(やけやま)は「1日で50回以上」と、大きな差がある。

 夕刊フジで「警戒せよ! 生死を分ける地震の基礎知識」(木曜)を連載する武蔵野学院大の島村英紀特任教授が事情を説明する。

 「北海道の有珠山(うすざん)は歴史上明らかになっている7回の噴火の直前には必ず有感地震が発生していた。そのため、2000年の噴火のときには事前に情報を出すことができている。だが、そうした活火山はごく一部で、ほとんどは過去のデータがない。そのため、わずかな経験や勘をもとに活火山ごとに噴火警戒レベルを出しているのが実情だ。口永良部島も記録が残っているのは1841年の噴火からで、それ以前は解明されていない」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。