『鳥貴族』波紋広がる激似被害 『鳥二郎』は「模倣、珍しくない」と開き直り (2/2ページ)

2015.06.01


「鳥貴族」(上)と「鳥二郎」の看板【拡大】

 両社が法廷闘争を続けるなか、愛知県豊橋市の「物語コーポレーション」が経営するラーメンチェーン「丸源ラーメン」も5月14日、秀インターワンが兵庫県西宮市で経営するラーメン店「にく次郎西宮店」に、メニューや外観をまねされたとして、営業の差し止めなどを求める仮処分を大阪地裁に申し立てていたことも分かった。

 にく次郎には丸源ラーメンの「熟成醤油肉そば」と同じ名称のメニューがあり、トッピングは豚の薄切り肉やのり、紅葉おろし、ねぎと共通。店舗の外観やノボリも似ており、インターネットのグルメサイトではユーザーから「まるパクリ? 系列店?」と指摘されている。

 相次いで模倣商法が表面化している秀インターワン。橋本秀恒社長は同社のホームページでこうあいさつしている。

 「今、繁盛しているお店がこれから先も続くという保証はどこにもありません。お客様のニーズを的確に把握して、先手を打って行動することができる企業のみ生き残っていく時代です」

 果たして先手を打つのはいつなのか?

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。