浅間山も噴火…列島に何が起きているのか 島村特任教授「富士山も例外ではない」 (1/2ページ)

2015.06.17


噴煙を上げる浅間山(気象庁のホームページから)【拡大】

 予測不能の恐怖が列島を覆っている。群馬、長野県にまたがる浅間山が噴火した。噴火警戒レベル2(火口周辺規制)で噴煙を上げ、先月末の鹿児島県・口永良部島(くちのえらぶじま)の新岳も爆発的噴火を起こした際はレベル3(入山規制)に留まっていた。専門家は「気象庁の噴火警戒レベルは客観的データではなく、学者の経験と勘に頼ったもの」と解説。神奈川県の箱根山(レベル2)も山梨、静岡県の富士山(同1)も「いつ噴火してもおかしくない」と指摘する。

 関東有数のリゾート地、軽井沢に緊張が走った。同所から近い浅間山が16日午前、小規模の噴火を起こしたのだ。

 気象庁によると、浅間山北側約4キロにある、過去の噴火での溶岩が風化して形成された奇勝「鬼押し出し」(群馬県嬬恋村)で降灰を確認。同庁はごく小規模な噴火とみて、警戒レベルは2のままで、今後引き上げは行わないとしている。

 幸い大きな被害はなかったが、不気味なのは同じような異変が全国で相次いでいることだ。5月29日に爆発的噴火を起こした口永良部島・新岳に、同月6日から噴火警戒レベルが2に引き上げられた箱根山−と、あちこちの火山が活動を活発化させている。

 『火山入門−日本誕生から破局噴火まで』(NHK出版)の著者で武蔵野学院大の島村英紀特任教授は、「浅間山は過去100年間で50回も噴火している。火山性地震が増えて二酸化硫黄の放出量もここ数日で通常時の3倍に増えていた。噴火警戒レベルを2に引き上げ、もしもの事態に備えていた中での噴火で、ある意味で予想通りの結果になったといえる」と指摘する。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。