どうしても尊敬できない一部の政治家たち ケント・ギルバート氏 (1/2ページ)

2015.06.20


民主党議員らにもみくちゃにされる渡辺博道・衆院厚労委員長=12日【拡大】

 民主主義社会において政治家という仕事は、リスクが高い部類に入る。

 もちろん、リスクのない仕事など世の中に存在しない。しかし、経営者や会社員、公務員、プロスポーツ選手、職人、芸術家、小説家などが負う職業的リスクと、政治家が負うリスクには、根本的な相違点がある。

 政治家は、自分の実力や努力とは全く無関係な要因で、そもそも仕事に就けなかったり、突然職を失う可能性がある。

 つまり、選挙に勝たなければ政治家にはなれないが、その勝敗は気まぐれでいい加減な有権者の投票結果で決まる。

 テレビで見た候補者に投票する。顔が好みだから投票する。若い女性だから投票する。名前が長いから投票しない。党首が嫌いだから反対側に投票する。雨が降ったから投票に行かない。天気が良いから遊びに行く…。

 特定の支持政党を持たない有権者の投票など、どの国でもこんなものだ。政治家はそんな有権者の気まぐれに一生付き合わなければならない。

 後述する件も影響しているだろうが、安定志向が強い日本では、成績優秀で品行方正、人格も優れた人物が、若いころから政治家を目指すケースは少ない。これは有権者側のレベル、言い換えれば「真剣さ」にも原因があると思う。

 現実問題として、国政選挙の有権者よりも、「AKB総選挙」の投票者の方がよほど真剣である。自腹を切って投票権を購入しているからだ。

 改正公選法で18歳から自動的付与される選挙権に、ありがたみを感じている有権者は少数派だ。低投票率はその証しである。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。