相模原死体遺棄 逮捕男女素性 男の母親はアナウンサー セレブ女子大生の転落 (2/2ページ)

2015.06.26


26日朝送検される佐藤一麿容疑者(インターネットから)【拡大】

 近所の住民は「一家は両親と一麿君と弟の4人家族。3階建てだが、家族4人には広すぎるのか、ほとんど3階部分だけを使っているようだった。父親の職業はわからないが、お母さんはアナウンサーの仕事をしていたと聞いている。朝方、ハイヤーで職場に向かうところを何度か見かけた」と話す。

 人もうらやむセレブ一家。その中で、佐藤容疑者だけが生業に就かず、日中からふらふらしている姿が周辺で何度も目撃されていた。近所の住民によると、携帯電話で芸能人の話を大きな声でするなどテレビ業界の関係者のようにも見えたが、芝居のようにも見えたという。

 一方の秋山容疑者。静岡県富士市の裕福な農家の家庭に育ち、県内の高校を卒業後、お嬢さま大学として知られる白百合女子大(東京)に進んだ。大学時代にはマスコミ志望者向けのサークルにも所属。当時の秋山容疑者のブログには高級ブランド店でショッピングを楽しんだり、交際相手とデートを重ねる様子が書き込まれ、《夏休み遊びまくった 毎日めっちゃ楽しかった!》などとキャンパスライフの充実ぶりを明かしていた。

 佐藤容疑者とは大学在学中に出会ったとみられ、事件後は帰郷。茶や花を生産する家業を手伝っていたとみられる。

 今年2月、自身のツイッターに《婚約祝いのプレゼントメッセージありがとう》と現在の交際相手と婚約したことをうかがわせる内容を投稿していた。翌3月には、男性との2ショット写真を掲載し、《たくさん笑って幸せ》とのろけていた。

 地元住民によると、秋山容疑者の祖母は「孫が結婚して跡継ぎができる」とうれしそうに話していたという。

 2年間のうのうと生活し続けた両容疑者。全てが明らかにされなければ被害者は浮かばれない。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。