【痛快!テキサス親父】豊かな国から来た韓国人売春婦の実態 米大学教授が衝撃報告書 (1/2ページ)

2015.07.03


マラーノ氏は、研究報告書を読んで驚いた【拡大】

 ハ〜イ! 日本のみなさん。今回は、米カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校のティモシー・リム教授が昨年発表した、『米国セックス産業の出稼ぎ韓国人女性−国際間の性の搾取の原因と力学の考察』という衝撃的な研究報告書について紹介したい。

 リム教授は、米国のセックス産業で働く韓国人女性や業者、取調官から聞き取り調査し、2次資料の徹底分析も行ったという。俺は報告書の存在を友人から教えてもらった。全23ページで、ネット上でも紹介されているぜ。

 まず、驚いたのは、ロサンゼルス市で逮捕された売春婦の90%以上が韓国人ということだ。この数字は驚がくするぜ。リム教授も「なぜ、これほどの韓国人女性がいるのか?」「韓国は豊かな国なのに…」という疑問から研究をスタートしたようだ。

 一般的に、外国人による売春については「貧困のため、やむを得ず…」と同情するが、リム教授は特殊な要因として、(1)大金の魅力(2)韓国社会の不安定感と男女不平等−を指摘していた。

 報告書には、「米国で大金を稼ぐチャンスは、聞き取り調査した、ほぼ全員の第1動機だった」「韓国でひどい貧困にあえいでいた女性は皆無」「韓国内での雇用における男女差別は根強い」「2006年で、女性の賃金は男性の66・5%」との記述もあった。

 韓国国内の事情も興味深かったぜ。

 地元大学の調査によると、韓国のセックス産業に従事する女性の54%が中産階級の出身で、16%が富裕層出身、30%が貧困層出身。この調査に参加した女性のうち、「仕事がなかったから売春婦になった」というのは、たった10%しかいなかったという。また、この産業に従事する24歳以下の女性の平均月収は約40万円で、同国の平均世帯の月収(約15万円)の3倍に近い額だった。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。