【江藤詩文の世界鉄道旅】パーム・モノレール(1)海の上を駆け抜けるパノラミックな“日立の”車両 (1/3ページ)

2015.07.05


ホテル「アトランティス・ザ・パーム」の客室は、絶好のモノレール・ビューを楽しめる【拡大】

 泊まっていたのは、大型複合リゾートホテル「アトランティス・ザ・パーム」の22階。バルコニーつきの客室の窓からは、否が応でも日に何度も往復するモノレールが見える。あれに乗って海の上を走ったら、いかにも気持ちよさそうだ。炎天下のなか、始発駅を目指した。

 といっても灼熱の地ドバイでは、避暑対策にぬかりがない。モノレールの駅までは、ホテル内からショッピングモールがつながっていて、屋外にある屋根付きの歩道を移動するのは、ほんの1分くらい。近未来的なデザインの駅舎にも、エアコンがガンガン効いている。

 中東初となるこのモノレールは、システムから車両までまるごと「メイド・イン・ジャパン」のテクノロジーのたまものだ。丸紅、日立、大林組など日本の企業のコラボレーションで、無人・全自動運転で運行されている。車両は日立製で、日本の「ディズニーリゾートライン」にも、同じ車両が導入されているそうだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。