総重量は離陸可能ギリギリだった 5人搭乗、燃料は片道の5倍 調布・小型機墜落

2015.07.28


住宅地に墜落し、大破した軽飛行機=26日正午、東京都調布市【拡大】

 小型機は、予定していた調布飛行場−大島空港(伊豆大島)までの片道(飛行時間約1時間)分の5倍に当たる大量の燃料を積載していたことが28日、国土交通省への取材で分かった。燃料の重量だけで300キロに近く、さらに男性5人が搭乗し、総重量は離陸可能な限界ぎりぎりだったとみられる。事故が起きた26日午前11時ごろは気温34度と暑かったため、エンジンの出力が下がったことも影響し、高度を十分に上げることができなかった可能性がある。

 航空関係者によると、事故を起こしたパイパーPA46のような単発プロペラ機のエンジンは、高温になると性能が下がり、35度前後からは急激に出力が下がる。

 車輪を格納しないまま飛行していたことも目撃者の証言から判明。離陸時に何らかのトラブルが発生した恐れもあり、警視庁と運輸安全委員会は、機体の重量や気象条件との関係などを詳しく調べている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。