【痛快!テキサス親父】捏造資料による中国の世界記憶遺産登録を阻止しないと取り返しがつかなくなる 「慰安婦」「南京事件」  (1/2ページ)

2015.08.07


ユネスコ本部(パリ)に乗り込んだマラーノ氏ら【拡大】

 ハ〜イ! みなさん。俺たちは先週、スイス・ジュネーブの国連欧州本部で開かれた国連女子差別撤廃委員会の準備会合に出席した後、パリにあるユネスコ(国連教育科学文化機関)本部に行ってきたぜ。

 目的は、中国がユネスコの世界記憶遺産に「慰安婦」と「南京事件」の資料を登録しようとしているのを阻止するためだ。韓国が協力しているという報道もある。捏造(ねつぞう)された資料が登録されたら、事実として世界中に広がり、取り返しがつかないことになるからな。

 俺と日本の仲間たちは、反論書簡と数多くの資料を持って、ユネスコ本部の担当者と会談した。担当者は「これまで、反論書簡や登録反対側の資料は受け取ったことはない」と前置きしたうえで、公平さを期すために「委員長に渡す」と約束してくれた。

 この会談で、テキサス親父日本事務局の藤木俊一事務局長は「もし、旧日本軍の慰安婦資料を登録するなら、朝鮮戦争休戦後、在韓米軍基地近くに送られた『米軍慰安婦』(ヤンコンジュ)をはじめ、世界中の慰安婦制度に関する資料も登録すべきだ」と、ユネスコ本部の担当者に伝えた。

 これは、非常にいいポイントをついている。

 米軍慰安婦とは、国連軍として朝鮮半島に投入された米軍を相手にしていた慰安婦で、韓国政府の厳しい管理下に置かれていた。韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の父、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の署名入りの文書記録が、韓国国会で取り上げられたこともある。この文書記録は、国連と慰安婦制度の関係を証明する決定的資料ともいえるんだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。