【戦後70年と私】KAZUYA氏 靖国神社に昇殿参拝を 忘れてはいけない戦争の記憶 (2/2ページ)

2015.08.09


KAZUYA氏が企画した「みんなで靖国神社に昇殿参拝する会」=今月3日【拡大】

 メディアの偏向したニュースを見ていると、「靖国神社=何やら怪しいところ」と感じる人もいるはずだ。そうではないと知ってもらいたい、という思いもあった。

 参加人数を把握するための仮募集では、全国から何と1800人以上の応募があった。「これでは、真夏の炎天下では対応しきれない」ということで、靖国神社と相談した結果、午前と午後の2部制で600人ずつ募集し、計1200人で話がまとまった。

 私は大きな組織を持っているわけではない。動画サイトでの発信だけで、これだけの人々が集まってくれた。さらに驚くべきは「若者が多かった」という点だ。10代と20代の参加者だけで半数を超えていた。親と一緒にくる中学生や高校生も目立った。靖国神社に初めて来たという人も多く、昇殿参拝に至っては大半が初めてだった。

 現代の若者が、これからの日本の担い手といえる。今回、多くの若者が参加してくれて「日本の将来は捨てたものではない」と実感している。

 私自身、今回の靖国参拝を通じて、英霊の方々が家族や友人、恋人、祖国・日本を思った純粋な気持ちに改めて触れ、心から感謝した。そして、「これからは私たちに任せてください」との誓いを新たにした。

 ◇ 

 次回は、作家の猪瀬直樹氏

 ■KAZUYA(かずや) 1988年、北海道生まれ。2012年から、動画サイト「ユーチューブ」や「ニコニコ動画」に、『KAZUYA CHANNEL』を開設する。保守的言論を展開し、若者中心に絶大な人気を得ている。ユーチューブの登録会員は29万人以上。著書に『日本一わかりやすい保守の本』(青林堂)、『バカの国〜国民がバカだと国家もバカになる』(アイバス出版)など。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。