池袋暴走・逮捕医師の素性 母親が激白「酒飲めない、悩んでいるそぶりなかった」 (1/2ページ)

2015.08.17


車が歩道を暴走し、お盆休みでにぎわう池袋は騒然となった。【拡大】

 JR池袋駅近くの衣料品販売店に車が突っ込んだ事故は、お盆休み最後の夜を暗転させた。自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で逮捕された東京都北区の医師、金子庄一郎容疑者(53)の母親(81)は17日、夕刊フジの取材に対し、「お酒も飲めず、悩んでいるそぶりはなかった。何で事故を起こしたのか分からない」などと激白。真夏の夜の暴走運転に何があったのか。

 事故が起きたのは、16日午後9時半ごろ。東京都豊島区東池袋のJR池袋駅東口近くで、金子容疑者が運転する高級外車「ベンツ」が歩道に乗り上げ、交差点角にある衣料品販売店「ZARA」に突っ込んだ。事故で意識不明の重体だった板橋区の薬剤師、江幡淑子さん(41)が17日に死亡し、20〜70代の男女4人が重軽傷を負った。

 これまでの捜査では、呼気からアルコールは検出されず、薬物の影響もないとされる。金子容疑者に持病はなく、「歩道に突っ込んだのは記憶がない。疲れて居眠りしていたので覚えていないのかもしれない」と供述しているが、事故には不可解な点が多い。

 この日は午後1時ごろに北区の自宅を出て横浜市内で墓参りするなどした後に、夕食を取るために池袋駅前の地下駐車場に止めた。「居眠り運転」というが、ラーメンを食べ、駐車場を出て一時停止し、わずか50メートル進んだ末の事故だった。

 さらに事故後、激しく抵抗し、警察官が「飲んでいるのか」と問いかけると、「何が悪いんだよ、酔っ払ってんだよ」と叫ぶなど奇声を上げた様子が目撃されている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。