【痛快!テキサス親父】元首相の土下座は日本人の誇り傷つけた 米国では「売国奴」と呼ばれるぜ (1/2ページ)

2015.08.21


韓国・ソウルの西大門刑務所跡地でひざまずく鳩山由紀夫元首相【拡大】

 ハ〜イ! みなさん。安倍晋三首相の「戦後70年談話」を読んだぜ。非常に素晴らしかった。米国でも、戦後一貫して世界平和に貢献し、多くの国々を助けてきた日本への評価は高い。今回の談話は、有識者の意見を聞きながらも、安倍首相の言葉で語られていた。そして、「後の世代に謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」という部分は立派だった。

 俺は以前から、「最初の謝罪は大切だが、何度も謝罪するのはおかしい」と言ってきた。近代的で理性的な国家や国民ならば、一度謝罪を受け入れたら過去は水に流して、新たな関係のスタートにするものだ。それが、謝罪の意味じゃないのか? 国際社会の知恵でもある。

 ところが、歴史問題や慰安婦問題で、日本に何度も謝罪を求めている国がいくつかある。俺は何年も観察してきたが、あのような国の謝罪要求は「日本を永遠に従属させたい」という気持ちの表れだ。謝罪を受け入れて、良い関係を作ろうなんて思っていない。単なる被害者ビジネスだな。

 いじめの問題を考えてほしい。いじめる側は、弱いターゲットを探して、何度も繰り返す。学校では、いじめられても歯向かわず、先生や親に言えない生徒が狙われる。お金も取られる。日本が謝罪を繰り返して、お金を支払い続ける限り、あんな国の餌食にされ続けるぜ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。