【痛快!テキサス親父】元首相の土下座は日本人の誇り傷つけた 米国では「売国奴」と呼ばれるぜ (2/2ページ)

2015.08.21


韓国・ソウルの西大門刑務所跡地でひざまずく鳩山由紀夫元首相【拡大】

 安倍首相が「後の世代に引き継がない」と語った意味は大きい。「いじめやタカリには屈しない」「昔のことでガタガタ言うな」と明言したに等しい。日本は、安倍首相の素晴らしいリーダーシップで、自虐史観から脱却しようとしている。日本のみなさんは、国際的視野を持ち、外交的駆け引きのできる安倍首相を支えるべきだ。

 こうしたなか、日本を貶め、理不尽な謝罪要求を続ける韓国に行って、土下座をしてきた元首相がいたらしいな。インターネットで画像を見たが、正直情けなく、「軽蔑」という言葉が頭に浮かんできた。民主党の元代表らしいが、日本も米国も民主党はひどいぜ。

 こういう行為は、安倍首相の外交政策を邪魔するだけではなく、日本の国益を損ね、日本人の誇りを傷つけている。元首相は以前、中国メディアの取材を受けて、沖縄県・尖閣諸島について「日本が盗んだと思われても仕方がない」と語ったそうじゃないか。

 米国では、あのような人間は「Betrayer(ビトレイヤー)=裏切り者、売国奴」と呼ばれる。元首相が理解不能なパフォーマンスを続ける裏には、何か別な理由があるのではないかと勘ぐってしまうぜ。

 親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。元首相の言動には、十分気をつけてくれ。

 では、また会おう!

 ■トニー・マラーノ 評論家。1949年生まれ。テキサス州在住のイタリア系米国人。サラリーマンを定年退職後、動画サイト「ユーチューブ」などで連日、評論活動を行っている。世界のあらゆる“悪”と戦う「プロパガンダ・バスター」でもある。大変な親日家であり、日本でも圧倒的ファンを獲得している。自著・共著に『テキサス親父の「怒れ! 罠にかかった日本人」』『素晴らしい国・日本に告ぐ』(ともに青林堂)など。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。