【江藤詩文の世界鉄道旅・夏休み特別企画】1都6県をたった140円でぐるり(3)車窓から(だけ)楽しむ海と里山のパノラマビュー (2/2ページ)

2015.08.23


どこまでも続く青い空と青い海。オーシャンビューを満喫できる内房線の車窓【拡大】

 三浦半島から富士山まで、抜群の眺望を誇る内房線が“海のハイライト”なら、“陸のハイライト”は、7本目に乗り継いだ「成田線各停我孫子行き」だ。

 ギラギラと輝く太陽に熱せられた、湿った土と草のむわっとした香りが車内を満たし、遠くには、黄金色に輝いているひまわりの畑。あおあおとした水田を眺めつつ目を休ませる。なぜなら、朝いちから片時も手放さなかったスマホの充電が、そろそろ尽きかけているからだ。

 「下総松崎(しもうさまんざき)」「安食(あじき)」「布佐(ふさ)」など、物語が潜んでいそうなユニークな駅名も旅情をそそる。“日本の原風景”と呼びたくなるような、どこかなつかしい光景が続き、半日をかけて遠くまで旅をしてきた実感が、ふつふつとわいてくる…。

「何を言ってるんですか。ここは上野か日暮里から常磐線に乗れば1時間ちょっと。通勤圏内ですよ」。ミスター・スジ鉄に、再び現実に引き戻される。

 そう、うっかり忘れかけてしまったが、ここは東京の「大都市近郊区間」なのだった。

■江藤詩文(えとう・しふみ) 旅のあるライフスタイルを愛するフリーライター。スローな時間の流れを楽しむ鉄道、その土地の風土や人に育まれた食、歴史に裏打ちされた文化などを体感するラグジュアリーな旅のスタイルを提案。趣味は、旅や食に関する本を集めることと民族衣装によるコスプレ。現在、朝日新聞デジタルで旅コラム「世界美食紀行」を連載中。ブログはこちら

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。